社協だより【広報ながわ9月号】

保護司会・更生保護女性会の活動

今年も保護司会・更生保護女性会では、6月25日(月)から26日(火) にかけて、金沢刑務所を視察してきました。

金沢刑務所は、明治元年旧藩政時代の公事場付設牢屋を廃止し刑法寮を設置し、明治14年金沢監獄署と 改称しました。また、大正11年に金沢刑務所と改称され、昭和45年に現在地に新築移転し、現在732名の収容人員が収監されています。

犯罪の責任を自覚させるとともに、健康な心身を培わせて社会生活に適応するのに必要な知識及び生活態度を習得させることを目的に、改善指導を実施し、受刑者の人権尊重にも気を使っているとのことでした。

 

埼玉防災学習センター視察研修

日赤奉仕団とボランティアの皆さんとの合同で、7月22日に総勢27名の参加で埼玉防災学習センターへ研修に行ってきました。

約1時間半説明を受けたり、体験をしたりしました。水を使った消火器の体験や、煙の中を避難する体験などを教わり、大変勉強になったと参加者に好評でした。

来年も計画するので、大勢の皆様に参加いただければと思います。

第13回福祉の集い

第13回福祉の集いを8月4日(土)に 和田コミュニティーセンターで開催しました。今年は約150名の参加があり、楽しいひと時を過ごしていただきました。

2回目になります依田窪南部中学校三年生による合唱から始まり、講演はNPO法人健康サポートまごの手による「懐メロ演歌 わくわく介護予 防」と題して代表の斉藤恵理子さんはじめスタッフの皆さんが楽しく歌って運動してくれ、会場の参加者も一緒になって体を動かしていました。お昼は 恒例となったカレーライスを、魚のつかみ取りに来た子供たちや保護者も一緒に食べました。

午後は、どんぐりの皆さんによる人形劇「わらしべ長者よりわらでっぽうとほしくそ」を演じていただき、グリーンハーモニー、手話ダンスと披露していただき、最後に会場全員で会長のオカリナに合わせてふるさとを歌って終わりました。

来年も大勢の参加をお待ちしております。